関西中心にスザクのコスプレをしております。
 蒼生 のブログです。

◆スザクプロフィール◆(ういきぺでぃあしらべ)
誕生日:皇暦2000年7月10日
星座:かに座
血液型:O型
年齢:17歳
身長:176cm
人種:イレブン
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ここでジノが出てくるわけで・・・・
ゼロとして生きる・・・そう誓ったスザク・・・・




夜・・・
スザクが眠りにつこうと
ドアを締め切り・・・
ゼロの仮面をはずし・・
アーサーはやっぱりスザクの傍にいて・・・
アーサーだけは何も言わずにスザクの傍にいてくれる・・・・
(すぐスザクに牙を向けるけど)


スザクの執務室は・・・ゼロを守るため厳重なドアで締め切られていて・・・
窓には光も入らないくらいのカーテンがかけられていて・・・・


でもその日は・・・・
なんだか夜の光を感じたくて・・・・・
カーテンをあけて・・・・・



すると・・・・

ドンドンと窓の方から物音が・・・・


それは良く見ると見知った金髪三つ網で・・・



それに気づいたスザクは窓を開けて・・・
「なにしてんの?」とか普通にツッコミをいれて



その三つ網はにこっと笑い

「やぁ・・スザク・・・」

って・・・





あのことがあって以来ゼロとしか呼ばれなくなっていたスザクが
ジノによって軽がるしくスザクと呼ばれ

スザクははっとした顔でジノから顔を背ける




だけどジノはそんなスザクを
抱きしめる

ラウンズにいた
の頃みたいに・・・


見てるのはアーサーだけで



でもスザクはルルシュのことがあるから
ジノに簡単に抱かれようとしない





ジノによってスザクは

ちょっとだけ救われたらいい。って思う。





でもルルーシュはいつまでもスザクの中にいて・・・・。


その行為によって
また・・スザクが堕ちていく・・・






でも・・・ジノは言うんだ・・・・

「好きだよ・・・スザク・・」









でも・・

「クルルギスザクは死んだんだ・・・」







って・・・
泣きながら自分からジノを引き離すんだ・・・・





ジノは一度下を向き
スザクの顔を見
「分かった。また迎えに来る・・・・」


そういって
くるっと振り返り・・・・・


部屋を出て行く・・・。

そこからジノの自分探しのたびがはじまる・・・・(小説より)




妄想文 comments(2) trackbacks(0)
ルルの心境


ルルーシュは本当にスザクに執着していた
もしかしたら・・・
スザクに手をかけさせたのも・・・・
その所為なのかも・・・とか駄目な考えをしてしまう・・・・

スザクの最後はルルーシュで・・・
ゼロとして生きるスザクが
一瞬でも
そうでなくなったと同時にルルーシュはスザクの中を支配する・・・

ルルーシュは死んでしまった・・・
でも・・・
スザクの意識は・・・・あって・・・・

今でも生きているんですよね・・・

スザクとして生きてはいけない・・・という意識




歪んだ愛だけど....

ルルーシュは幸せなんじゃないかな。。。
妄想文 comments(0) trackbacks(0)
ちょっと妄想文・・・・
撮りたい妄想文・・・
・・・アーカイブで12月にこれに近い妄想をしているので
具体的に文章にしてみたかったのです・・・・・・




ゼロレクイエムを終えたスザク。。。。


その後
ルルーシュの血まみれた姿で
ルルーシュのことを思いながら壊れていくスザク

ルルーシュを刺した感触
耳に残って離れない言葉

それでも・・・

あの時スザクは
ルルーシュを受け止めて一人で生きることそういう選択しか出来なかった・・・・

進むことですべてを忘れようとしてきた彼・・・
その彼が進むことすら許されなくなってしまった




僕はもう、泣いたり笑ったりは出来なくなってしまったが、

もう誰も争わず、誰も泣き叫ばない時代が来るといいと思うよ。

でも、そういうわけにはいかないんだろう。

妄想文 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |